自宅で簡単に出来る視力回復トレーニング

ビルベリー サプリランキング

 

近年では、パソコンやスマートフォンが普及するにしたがって
眼精疲労やドライアイの人が増えてきています。

 

ピントも合わせにくくなってしまい、
これらの症状を放っておくことで目が悪くなってしまいます。
このような症状を改善することによって視力は回復していきます。

 

視力回復には、ドライアイを改善するための目薬をさすなどのすることが有効です。
また、目の周りの筋肉などをトレーニングすることも効果的な改善方法です。

 

毛様体筋をトレーニング

やり方としては、まず毛様体筋をトレーニングしていきます。
毛様体筋はピントを合わせる機能がある筋肉で
トレーニングすることでピントを素早く合わせられるようになります。

 

やり方としては、親指の爪に文字を書き、その文字が両目ではっきり見える
位置から、文字がぼんやりする位置まで1秒で腕を伸ばして遠ざけます。

 

また文字がはっきり見える位置に3秒で戻すというのを1セットとして
1回で3セット、1日で2回行うと毛様体筋をほぐしてピントを調節しやすくします。

 

目の周りにある外眼筋トレーニング

目の周りにある外眼筋を鍛えるのも良いとされています。
まず目をぎゅっと強くつぶったら、顔を動かさずに目だけで上に10秒、
また強くつぶり、下に10秒見て、強くつぶり、右に10秒、強くつぶって
左に10秒間視線をやって最後にまた目をつぶります。

 

これが終わった後に、横に8の字を指で空中に書きます。
その指先を目線で3回追い、指を奥から手前に行ったり来たり
させながら3回動かして、それも目線で追いかけるというのも効果的です。

 

このトレーニングを行うことで眼球の外にある外眼筋を
鍛えることができ、眼球の動きが良くなりピントが合いやすくなります。

 

このようなトレーニングは毎日続けることによって、
筋肉をほぐしてピントを合わせやすくなっていきます。

 

仮性近眼や軽度の近眼であれば改善できる可能性もあり、
中度であればある程度視力アップを期待することができて、
重度であれば視力を治すことは難しいですが眼精疲労の改善に役立ちます。
また、これに加えてマッサージを組み合わせることでより高い効果を得られます。