目の疲れ 食事

目の疲れにはどんな食事を摂るべきか

ビルベリーサプリ ランキング

 

目の疲れにはルテインが多く含まれるパセリやほうれん草、ケールに加え、
アスタキサンチンが多い紅鮭や桜エビをふんだんに使った食事をするのが良いです。

 

ルテインには抗酸化作用があるので、ブルーライトや
紫外線といった有害な光から目を守ってくれます。

 

年をとると目が疲れやすくなりますが、
これは活性酸素により細胞が酸化するのが原因です。

 

抗酸化作用によって細胞の酸化が抑えられるので、
若い頃のように目の疲れを感じにくくなります。

 

ルテインは黄色い色素で、緑黄色野菜を食べると摂取することができます。

 

ケールは青汁の原料なので、
簡単に食事を済ませた時は青汁を飲むのがおすすめです。

 

パセリは一度にたくさん食べるのは大変ですが、
ほうれん草は加熱するとかさが減ってたくさん食べることができます。

 

油を使って調理すればルテインの吸収率がアップします。
不足しやすい栄養素なので、サプリメントを併用する人も多いです。

 

アスタキサンチンにも抗酸化作用があります。
さらにアスタキサンチンはルテインのような
他の抗酸化物質が通れない場所も通過することが可能です。

 

脳の血液脳関門と目の血液網膜関門では必要な
栄養素を選別しており、抗酸化物質は通ることができません。

 

しかしアスタキサンチンだけは例外で、
これらを通過するので目の内部で抗酸化作用を発揮します。

 

これにより目の疲れだけでなく白内障や加齢黄斑変性も予防できます。
アスタキサンチンは赤い色素なので、赤色の食べ物を食べるのがポイントです。

 

ただし赤身でもマグロやカツオには含まれていないので注意します。

 

紅鮭のようなアスタキサンチンを含む食べ物が熱すると
赤色が濃くなるのは、ヘマトコッカス藻が関係しています。

 

この藻を食べている物がアスタキサンチンを含んでいるので、
海産物からしか摂取することができません。

 

脂溶性なのでルテインと同じように油料理との相性が良いです。
またビタミンCや鉄、ポリフェノールなども一緒に摂取するとより高い効果が得られます。

関連ページ

スマフォ老眼の対策法
スマホ老眼の原因は、文字の通りスマホの使いすぎによるもので、特に至近距離での使用が目の毛様体筋を酷使させてしまっています。今回はスマホ老眼の原因と対策を考えます
視力回復にはビルベリーがオススメ
パソコンでのお仕事が多い方、車を長時間運転することが多い方にビルベリーはお勧めです。ビルベリーは、数あるブルーベリーの種類の中でも、最もアントシアニンが豊富に含まれ視界のかすみやぼやけなどを防止する視力回復成分が含まれています。
ルテインが視力低下の回復に良いのは何故?
視力を回復する成分はルテイン以外にも数多くあります。ですがルテインは、その力がずば抜けて高い点、そして瞳の中にも存在している成分であると言う点から、視力低下をはじめとする目の健康を低下させる要素に対しては、とても良い作用が期待できると言われています。ではルテインにはどのような働きがあるのでしょうか?