スマフォ老眼の対策法

ビルベリーサプリ ランキング
老眼と言えば50代くらいから、徐々に加齢によって
目のピントが合わなくなる症状です。

 

実は20代や30代の若い人にも最近では老眼の症状が増えてきています。

 

 

若い人に起こる老眼は主にスマフォ老眼と呼ばれており、
スマートフォンが原因でなる老眼のような症状の事を言います。

 

一時的なもの、とは言われていますが若い人にとってはスマホは生活に
なくてはならない存在ですから、将来的にもずっと使い続けるものですね。

 

そうすれば症状は慢性化し、ドライアイや眼病を早める原因にもなり得るのです。

 

スマフォ老眼の原因と対策方法

スマホ老眼の原因は、文字の通りスマホの使いすぎによるもので、
特に至近距離での使用が目の毛様体筋を酷使させてしまっています。

 

スマホを30センチ以上離して使っている人は
あまりいないはずですし、使いづらいのも現実です。

 

また、スマホ特有のブルーライトや暗いところでのスマホ操作によって
虹彩筋にも負担がかかり、ピント調節がうまくいかなくなります。

 

スマホ老眼かどうかチェックするには、スマホを使用していてふとテレビなどの
画面を見た時、ピントが合わずボヤける事があれば高確率でスマホ老眼と言えます。

 

その他にも、目の焦点が合わなくなってきた、
頭痛や肩凝りがする、目が乾くなどの症状です。

 

スマホを全く使わない生活は難しいため、
できる対策を行うだけでも少しの改善が見られるでしょう。

 

まず、意識して画面と目の距離を取るようにする。
時間を決めてスマホをしたり、暗いところで使用しないなどです。

 

どうしても暗いところでスマホをしなければならない時は
ブルーライトをカットするフィルムを貼ったり、明るさを一番暗めに設定しましょう。
最近のスマフォにはナイトモードがありますので活用していきましょう

 

まとめ

  • 意識してスマフォ画面と目の距離を取る
  • ブルーライトカットフィルムを貼る
  • 画面の明るさ設定を暗めに調節する
  • 定期的にピント調節機能の目薬をさす
  • 意識して遠くの景色を見る癖をつけてピント調節機能のストレッチを!

 

こういったことを普段から心掛けるだけでも違っていきます
またブルーライトや紫外線の影響で瞳の中に存在しているルテインなどが
不足していきますのでサプリメントなどで補充することも大切です