視力低下予防の豆知識記事一覧

老眼と言えば50代くらいから、徐々に加齢によって目のピントが合わなくなる症状です。実は20代や30代の若い人にも最近では老眼の症状が増えてきています。若い人に起こる老眼は主にスマフォ老眼と呼ばれており、スマートフォンが原因でなる老眼のような症状の事を言います。一時的なもの、とは言われていますが若い人にとってはスマホは生活になくてはならない存在ですから、将来的にもずっと使い続けるものですね。そうすれ...

視力低下に効果があるとされるビルベリーですがそれには理由があります。ビルベリーはブルーベリーの一種で、ブルーベリーの青紫色の色素であるアントシアニンが最も多く含まれています。なのでビルベリーは目に対しての健康効果が高く、視力を回復する機能やスマホやパソコンの画面から発せられるブルーライトのダメージを防ぐ効果、糖尿病性網膜症を予防する効果などが期待できます。また、目だけでなく活性酸素を除去したり、血...

毎日スマホやパソコンの長時間使用しなければならない私たち。目がショボショボしたり、どよ〜んと重くなったりすること、ありますよね。目に良いものをイメージすると、まず出てくるのがブルーベリーではないでしょうか。ブルーベリーには、アントシアニンと呼ばれる、視界のかすみやぼやけなどを防止する視力回復成分が含まれています。ですが、一般的なブルーベリーよりもアントシアニンが豊富に含まれている果実があるのをご存...

目の疲れにはルテインが多く含まれるパセリやほうれん草、ケールに加え、アスタキサンチンが多い紅鮭や桜エビをふんだんに使った食事をするのが良いです。ルテインには抗酸化作用があるので、ブルーライトや紫外線といった有害な光から目を守ってくれます。年をとると目が疲れやすくなりますが、これは活性酸素により細胞が酸化するのが原因です。抗酸化作用によって細胞の酸化が抑えられるので、若い頃のように目の疲れを感じにく...

日常生活においてスマフォやパソコンが増えてきています。それらを使用する生活が多い人に増えているのが、目のトラブルです。例えばドライアイや視力低下といったものです。中でも影響を与えているといわれているのが、ブルーライトです。光には種類によっていろいろな波長がありますが、ブルーライトは人間の目で見ることのできる可視光線で、紫外線に近い光といわれています。ブルーライトはLED照明やスマフォ、パソコン画面...

ルテインが視力低下に良いとされているのは、坑酸化力に優れた成分であるためです。ルテインはもともと人間の瞳の中にも存在している成分です。そのためこれが不足すると瞳の機能が低下しやすくなり、それにより視力低下などが引き起こされやすくなると考えることができます。瞳の中にあるルテインがどのような役割を果たしているのかと言うと、それが活性酸素の酸化力から瞳の細胞や血管を守ると言う役割です。活性酸素とは非常に...

眼精疲労の改善に効果的な成分として、まず挙げられるのがルテインです。ルテインは、もともと瞳にも存在している成分です。この成分は、非常に優れた抗酸化力を有しています。瞳は意識的に瞼を閉じない限りは、常に外的刺激にさらされています。外的刺激である紫外線や、スマホ、パソコンから発せられているブルーライトには、浴び過ぎると活性酸素が大量に発生すると言う性質があります。活性酸素は非常に強い酸化力を持っている...

近年では、パソコンやスマートフォンが普及するにしたがって眼精疲労やドライアイの人が増えてきています。ピントも合わせにくくなってしまい、これらの症状を放っておくことで目が悪くなってしまいます。このような症状を改善することによって視力は回復していきます。視力回復には、ドライアイを改善するための目薬をさすなどのすることが有効です。また、目の周りの筋肉などをトレーニングすることも効果的な改善方法です。毛様...

今まで周囲の物がよく見えていたのに突然目の前の物がボヤけたり、ピントが合わないなどの視力低下の症状が見られる人がいます。一般的な考え方だと視力低下は徐々に引き起こされる印象が強いですので、急に視力が落ちると何かの病気ではないかと不安になりがちです。ですが、急に視力が落ちるという現象は、日常生活の中で割と起こり得ることです。もちろん、病気が原因のこともありますので、油断しないことが大切です。日常生活...